オーストラリア産はちみつ専門店ミタミタ


オーストラリア産はちみつ専門店ミタミタの店長・はちみつ料理研究家のブログです。
by mittamittahoney
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Licorice

オーストラリアに住み始めて間もない頃、楽しみの一つはスーパーに行くことでした。
巨大なピーマンや、小型のバケツのような容器に入った4リットルサイズのアイスクリーム、また普通にオーストラリア人が買っていく2リットルサイズの牛乳などを見て、「さすがオージー、スケールが違う!」と変なところて感心したりしたものです。

食べ物の大きさ、容量の大きさ以外に面白いなと思ったのは、日本人の感覚ではまず考えられない例えば「蛇」や「入れ歯」の形をしたグミのようなお菓子や、着色料を惜しみなく(?)使い強烈な色をした、目にも鮮やかなお菓子類です。特に下の写真のリクリッシュ(リコリス)を見た時は、「このドギツイ色をしたゴムのような食べ物は何?」「いかにも体に悪そうな派手な色だけど、食べても大丈夫なんだろうか?」と興味津々。早速購入して食べてみましたが、猛烈に甘く独特の風味(それまでリクリッシュは食べたことがなかった)を持つこの不思議なお菓子の魅力が今ひとつ分かりませんでした。
a0151085_13121661.jpg

そこで今度はプレーンなリクリッシュを試してみたのですが、こちらはアニスの風味がもっと強くて、この風味とグミのような食感にすっかりハマッテしまいました。(上の写真の‘ハデハデ’リクリッシュよりも、プレーンの方が甘すぎなくて美味しい。)

真っ黒でマットな光沢がある怪しげなこのお菓子は、一見細かく切られたタイヤのようでとても食べ物とは思えませんが、何でも一度は試してみるものですね。今では大好きなお菓子の一つになりました。下の写真の左側のチョコレートでコーティングされたリクリッシュは「ブレット」と言いますが、その名の通りちょっと見は弾丸みたいです。こちらも結構いけます。
a0151085_13233728.jpg
 
リクリッシュには光沢を出すために蜜蝋が使われているようですね。ここでもみつばちが活躍していることを知って、ちょっと嬉しい。

ところでリクリッシュと言えば、子供の頃テレビでよく見ていた「セサミストリート」で、子供たちが濃い灰色をしたアイスクリームを食べているシーンがあり、この食べ物とは思えない色のアイスクリームを見ながら「一体どんな味がするんだろう?いつかアメリカに行って食べてみたい!」とずっと思っていました。こちらも念願叶ってアメリカではなくオーストラリアで食べることができ、その時にこのアイスクリームがリクリッシュのフレーバーだったことを知って感動したものです。

他にも、大したものではないのですが色々試してみたい食べ物があります。その一つはアメリカのテレビドラマの登場人物が食べていた、縦長の紙製のテイクアウト容器に入った中華です。これを長いツルツルのプラスチック製の中華のお箸で是非食べてみたい。以前アメリカにスキーに行った時、試してみたいとお店を探したのですが、スキー場周辺にはそういうお店はありませんでした。次回アメリカに行く機会があったら、今度こそ試してみたいです。
    
[PR]
by mittamittahoney | 2010-02-28 13:34 | はちみつ & 美味しいもの
<< 魯山人 チーズとはちみつのマリアージュ... >>


Mitta Mitta
オーストラリア産はちみつ
専門店ミタミタ

はちみつ料理研究家・はちみつ講座講師が運営する、無農薬のユーカリはちみつとマヌカハニーのお店です♪
検索
最新の記事
Route 66
at 2017-09-24 19:32
ちょっとそこまで
at 2017-09-18 21:41
ビートルート(の茹で汁を使っ..
at 2017-09-14 16:58
Sさんのビートルート
at 2017-09-12 16:12
各務原市いこいの森(?)
at 2017-09-10 09:56
カテゴリ
以前の記事
記事ランキング
タグ
ブログジャンル
その他のジャンル
画像一覧