オーストラリア産はちみつ専門店ミタミタ


オーストラリア産はちみつ専門店ミタミタの店長・はちみつ料理研究家のブログです。
by mittamittahoney
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

クリスマスの伝統菓子ショートブレッド

a0151085_17142569.jpg

来週はクリスマス。
いくつになっても、やっぱりなんだかワクワクします。

私が以前住んでいたオーストラリアでは、クリスマスは一年で一番大切なイベントで、
日本のお正月のように家族や親せきが集まって過ごすファミリーのための日です。
お母さんたちは、25日のランチ(=クリスマス・ディナー)のために、
ひと月ほど前からクリスマスの伝統菓子作りを始め、当日は腕を振るって七面鳥のロースト
などたくさんの御馳走を作ります。
大人も子供もクリスマス・ディナーでお腹いっぱいになったら、プレゼントタイム。
クリスマスツリーの下に並べておいたプレゼントを開けます。
子供たちが一年で一番楽しみにしている瞬間ですね。

さて、日本でクリスマスのお菓子というと、ドイツのシュトーレンやフランスのブッシュドノエル、
或いは昔からあるバタークリームや生クリームたっぷりの日本のクリスマスケーキが
思い浮かぶと思うのですが、オーストラリアのクリスマスのお菓子やデザートというと、
色々な種類のドライフルーツ、バター、卵、洋酒などを入れて焼いたクリスマスケーキや
焼かずに蒸したクリスマスプディング、同じくドライフルーツたっぷりの小型のタルトのミンスタルト、
そして、バターたっぷりのシンプルなショートブレッドが挙げられます。

この中でも、特別な材料を使わずに作ることができるのが、ショートブレッドです。
各家庭で、お母さん自慢のレシピがあり、形も細長いものから丸型、クッキーの型抜きで抜いた
ものなど色々です。普通のバタークッキーのように軽めでさくっとしたものではなく、
結構重くてずっしり。少し粗めに挽いた米粉などを加えて歯ごたえを出したものが殆どです。
材料は、通常バター、小麦粉、米粉、砂糖、お好みでバニラエッセンス少々と大変シンプルですが、
コーヒーやミルクティーによくあって、ついつい3個、4個と食べ過ぎてしまう美味しいお菓子です。
私ははちみつ屋ですから、砂糖の代わりにはちみつを使ってショートブレッドを作っていますが、
砂糖とはまた違って、はちみつの良い風味が出てなかなか美味しくなります。
材料を混ぜて捏ねたら麺棒で延ばし、細長い形にカットするか型で抜いてトレイに並べ、
低めの温度でオーブンで焼くだけ。密閉できるタッパーやお菓子が入っていた缶の容器などに
入れて冷暗所で保存すれば、半年近く保存できるお菓子です。

オーストラリアでは、11月の終わりから12月の初め頃にたくさん焼いて、翌年の初夏くらいまで
モーニングティーやアフタヌーンティーのお供に、よく食べられています。
私の元夫のおばあちゃんエイミーが作ってくれるショートブレッドは、それはそれは素晴らしく、
「ほっぺたが落ちるとはこのことか!」と納得する美味しさでした。
亡くなる前にレシピを教えてもらうのを忘れてしまったのが、今でも悔やまれます。

エイミーおばあちゃんのショートブレッドにはかないませんが、ミタミタのはちみつを使った
ショートブレッドもなかなか美味しいです。ミタミタのウェブサイトに載せていますから、
今年のクリスマスに、是非作ってみて下さい。
はちみつは、メープルシロップのような香ばしい風味のユーカリはちみつメスマイトや、
ミルキーな風味のイエロー・ガム、ほんのり紅茶の風味のユーカリはちみつペパーミントなどが
良いと思います。

ミタミタのユーカリはちみつマヌカハニーで作るクリスマスのお菓子
ショートブレッドのレシピ。
   
[PR]
by mittamittahoney | 2012-12-19 17:14 | はちみつ & 美味しいもの
<< お陰様で、早くも満席! はちみつでクッキング:お正月料理 >>


Mitta Mitta
オーストラリア産はちみつ
専門店ミタミタ

はちみつ料理研究家・はちみつ講座講師が運営する、無農薬のユーカリはちみつとマヌカハニーのお店です♪
検索
最新の記事
カテゴリ
以前の記事
記事ランキング
タグ
ブログジャンル
その他のジャンル
画像一覧