オーストラリア産はちみつ専門店ミタミタ


オーストラリア産はちみつ専門店ミタミタの店長・はちみつ料理研究家のブログです。
by mittamittahoney
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

かぼちゃのスコーン

もうすぐ冬至ですね。
冬至というと、「かぼちゃ」。
実は私、大のかぼちゃ好き。かぼちゃの他にも、さつまいも、里芋、長いも、じゃがいも等の芋類、そしてひよこ豆やレンズ豆、白花豆、黒豆、うずら豆等々、豆類も大好き。
でも困ったことに、どれも炭水化物ばかり…。

ところが、そんな私に朗報が。
先日の新聞に載ってたんですが、普段の食生活で炭水化物が不足するとイライラしたり怒りっぽくなり易い、ということが最近の研究で分かったらしいです。イモ類や豆類の他、お米や小麦粉、そば粉、ライ麦粉などの粉物も大好きな私にとっては嬉しいニュース。でも食べ過ぎはいけませんけどね。
何事もほどほどに…。

a0151085_15322260.jpg

話が脱線しました。今日はかぼちゃのスコーンをご紹介するんでした。

私のはちみつのお店「ミタミタ」のウェブサイトでは、月に1~2回はちみつを使ったオリジナルレシピを紹介しているのですが、もうすぐ冬至なので、今日かぼちゃとはちみつを使った「かぼちゃのスコーン」を作ってみました。かぼちゃ好きや炭水化物好きにはたまらないおススメのレシピですから、週末の朝にでも試してみて下さい。スコーンは20分くらいで焼けますから、オーブンに入れて焼いている間にはちみつ入りチーズクリームを作って、丁度コーヒーを入れ終わった頃に、タイミング良くアツアツのスコーンが焼き上がるといった具合。かぼちゃの黄色が目にも鮮やか。ブランチにおすすめですよ。

ところで、このかぼちゃのスコーンのレシピと一緒に紹介している「はちみつ入りチーズクリーム」を作る際のアドバイスをひとつ…。

レシピには「クリームチーズと生クリームを別々に泡立てる」とありますが、くれぐれも「別々になんて面倒!一緒に泡立てちゃえ!」とばかり、いきなり一つのボウルの中でハンドミキサーにかけたりしないように!固形のクリームチーズが液体状の生クリームの上でつるつる滑り、その後ハンドミキサーによって徐々に小さい塊になっていく時に生クリームが四方八方に飛び散って、それはもう大変なことになります!面倒くさがりの私が既に経験済みです。(汗)

でも、この点だけ気をつければ、あとはチーズクリームもスコーンも、作るのはとっても簡単060.gif
是非作ってみて下さいね。
                 
[PR]
by mittamittahoney | 2009-12-15 15:59 | はちみつ & 美味しいもの
<< Jesse Van Rulle... 骨折日記 その2 >>


Mitta Mitta
オーストラリア産はちみつ
専門店ミタミタ

はちみつ料理研究家・はちみつ講座講師が運営する、無農薬のユーカリはちみつとマヌカハニーのお店です♪
検索
最新の記事
はちみつ料理教室。次回は6月..
at 2017-04-25 09:52
サクサクで、ほっ
at 2017-04-18 16:05
春野菜を満喫
at 2017-04-14 18:04
4月22日のお料理教室
at 2017-04-13 17:27
特別講座「はちみつでランチタ..
at 2017-04-08 15:53
カテゴリ
以前の記事
記事ランキング
タグ
ブログジャンル
その他のジャンル
画像一覧