オーストラリア産はちみつ専門店ミタミタ


オーストラリア産はちみつ専門店ミタミタの店長・はちみつ料理研究家のブログです。
by mittamittahoney
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

セロリのシチュー

セロリのシチューStewed Celeryは、セロリを煮込んだ素朴な料理です。

今日お散歩がてら近くのスーパーに行ったら、立派なセロリが一株138円(安い!)で売られていたので、思わず買ってしまいました。かなりの量だけれど、さてどうやって調理しようかなと色々考えて、シンプルにシチューにすることにしました。

a0151085_1854216.jpg


「シチュー」というと、ビーフシチューやクリームシチューなど、結構こってりしたものを想像されるかもしれませんが、「stew」とは「コトコト煮込む」という意味ですから、このセロリのシチューのようにあっさりとした煮込みもシチューなんですね。今回は時間短縮とガス代節約のために(エコです!)、活力鍋という圧力鍋を使って作りました。

【材 料】

セロリ 一株(8本くらい)
玉葱 1/2個
にんにく 2片
コンソメスープの素 2個
塩・胡椒 少々
水 500cc

【作り方】

(1) 鍋にザクザクと切ったセロリ(4cmくらいの長さ)の茎と葉を入れ、その上にスライスした玉葱とにんにくを載せます。セロリは柔らかく煮込みますから、薄皮や筋を取ったりしなくてOKです。
(2) 水とコンソメスープの素を入れます。
(3) 活力鍋の圧力を「low」にして、圧力がかかったら2分。圧力が取れたら、塩・胡椒をして味を整えて出来上がりです。普通の鍋を使う場合は、沸騰したら蓋をして火を弱め、25~30分程度コトコトと煮て下さい。

お好みで最後にえのきを入れてさっと煮ると、柔らかいセロリとシャキシャキとしたえのきの食感のコントラストが楽しめます。

セロリはサラダやディップにつけたりと生食することが多いと思いますが、あの独特の素晴らしい香りは肉料理に使うと臭み消しにもなりますし、お料理自体がグッと美味しくなります。またお肉などを使わず、今回のようにシンプルに煮込んだものも美味。出来上がったアツアツのところに粉チーズやとろけるチーズをかけて、チーズが溶け出したところをフーフー言いながら食べると、体がポカポカ温まります。私が大好きなセロリの食べ方です。  

はちみつ屋のブログですが、はちみつは使ってません・・・。        
[PR]
by mittamittahoney | 2009-12-20 19:18 | はちみつ & 美味しいもの
<< 骨折日記 その4 クリスマスアルバム >>


Mitta Mitta
オーストラリア産はちみつ
専門店ミタミタ

はちみつ料理研究家・はちみつ講座講師が運営する、無農薬のユーカリはちみつとマヌカハニーのお店です♪
検索
最新の記事
カテゴリ
以前の記事
記事ランキング
タグ
ブログジャンル
その他のジャンル
画像一覧