オーストラリア産はちみつ専門店ミタミタ


オーストラリア産はちみつ専門店ミタミタの店長・はちみつ料理研究家のブログです。
by mittamittahoney

<   2010年 05月 ( 21 )   > この月の画像一覧

写真撮影

ミタミタのウェブサイトで、もっとユーカリはちみつの美味しい食べ方を紹介しなくては!」
と、昨日はせっせと写真撮影。

たった1枚の写真を撮るのに、食材を選びから、調理、盛り付け、そして「どう撮れば美味しさが伝わるか?」ということを考えながら、流れるはちみつのスピードに負けないように慌ててシャッターを押す。素人が撮るので、数枚撮ったくらいでは気に入ったものはできません。気がつくと一つの題材で数百枚撮っている事もザラ。いつかカメラのことを勉強して、もっと上手に良い写真が撮れるようになりたいと思いつつも、なかなかその時間も無く・・・。
a0151085_10533660.jpg

そんなわけで、フィルム代を気にせず、また撮った写真を直ぐに確認できるデジタルカメラは、私のような素人には本当にありがたい。昨日も4つの題材で500枚近くを撮影しましたが、これが従来のカメラだったらコストがいくらかかることか。

撮影の際には、盛り付けが気に入らなくてやり直したりするために結構な量の食べ物を使います。当然のことながら、写真を撮り終えた後には撮影に使われた食べ物がどっさり残ります。しかも同じものばっかり・・・。きょうの料理などテレビの料理番組の収録や雑誌の撮影などでは、スタッフが撮影後にみんなで楽しく試食♪ ということになるようですが、私の場合スタッフなどおりませんから、全て自分で食べなければなりません。冷凍出来ないものは、毎日コツコツと片付けていく(=私の胃袋に収める)ことになり、結構大変です。それに、太る…。

早く盛り付けや撮影の腕前を上げ、何度もやり直しせずに少量の食材で良い写真が撮れるようになりたいものです。
    
[PR]
by mittamittahoney | 2010-05-28 11:08 | はちみつ & 美味しいもの

エドモンド・ヒラリー卿

今から57年も前、1953年5月29日に世界最高峰エベレストの初登頂に成功したのは、ニュージーランド人のエドモンド・ヒラリー卿。彼は登山家・冒険家という顔を持つ一方で、実は養蜂家でもありました。
a0151085_946255.jpg
              写真の養蜂家はエドモンド・ヒラリーではありません!

養蜂業というのはなかなかの重労働で、今ではフォークリフトを使って巣箱を移動させたりする場合もありますが、小規模経営の養蜂家や、フォークリフトを運び込めないような場所では、ずっしりと重い巣箱を一つ一つ手で抱えて移動させます。一体どれくらいの重さがあるのか試してみたら、重すぎて私にはとても持ち上げられませんでした。エベレストを制覇したエドモンド・ヒラリー卿は、重労働の養蜂を通じて足腰を鍛えたと言われています。ただ、若い頃から雪山の面白さに魅了され、暇を見つけては故郷の山々に登っていたということも、体力づくりに貢献したことは言うまでもありません。

養蜂家だったということで、本当かどうかわかりませんが、エベレストに行く時には行動食としてはちみつを持って行ったとか行かないとかいう話をどこかで読んだことがあります。確か、ニュージーランド産のはちみつを輸入販売しているお店のウェブサイトだったような・・・。(笑) だから信憑性は「?」です。

その当時のキャラバンのサイズがどれくらいだったのかは分かりませんが、はちみつは昔から薬として使われたりしていましたし、エネルギー源、保存食としての価値は当時から知られていましたから、あながち嘘でもないかも知れませんね。どなたか情報をお持ちでしたら、是非教えていただきたいです。しかし、本当にはちみつを持っていっていたとしたら、ちょっとこじつけですが、陰ながらみつばちたちがエベレスト登頂に貢献したことになりますね。

さて、エドモンド・ヒラリー卿は、その後慈善団体「ヒマラヤ基金」を創設し、基金を通じてエベレストの麓にあるナムチェバザール地区に学校や病院などを作るなど、地域に貢献しました。またネパールの福祉・環境保全活動を行いながら、晩年は故郷のニュージーランドで再び養蜂業を営みました。そして、さすがみつばちを愛する養蜂家!2008年に88歳でその生涯を閉じたのでした。(勿論偶然ですが…。)

エドモンド・ヒラリーは、ニュージーランドでは当然のことながら国民的英雄で、存命中よりニュージーランドの銀行券5ドル紙幣の肖像に採用されました。
      
[PR]
by mittamittahoney | 2010-05-27 09:50 | はちみつ & 美味しいもの

梅雨の時季におすすめ

a0151085_17404679.jpg

もうすぐ5月も終わり。

爽やかな初夏の5月と、暑さも漸く落ち着いて秋らしくなる10月が、私が一年で最も好きな月なのですが、今年の5月は真夏のように暑い日が続いたと思ったら、梅雨のようにじめじめとした日もあり、そうかと思うとここ2、3日は春一番の季節のような強風が吹き荒れる。なんとも変なお天気でありました。ついこの間まで寒い寒いと言っていたのに、気持ちよい初夏のお天気を満喫するチャンスも無く梅雨に入ってしまいそうな感じです。

年々梅雨の時季が長くなっているように思いますが、お天気ばかりは仕方ありません。せめて気分だけでも爽やかに過ごしたいものです。ということで、雨の日に聴くのに良いCDを購入しました。

Bill Evans Trio の「I Will Say Goodbye」。

繊細でしっとりしたメロディー。アマゾンのレビューには「ガラス細工のように繊細」というコメントがあったけれど、確かに3曲目の「Seascape」などを聴くと、「う~ん、上手いことをいうなあ」と唸りました。中身も然ることながら、輸入版なのでお値段も1,000円といい感じ。

コーヒーと本を片手に、時折窓の外の雨に濡れた色鮮やかな街路樹の葉っぱや紫陽花に目をやりながら、部屋の中には心地よいピアノの旋律が流れる。汗ばむこれからの時季、程よく冷えた白ワインのグラスを傾けながら聴くのもまた良し。

う~ん、梅雨も悪くないかも・・・。
     
[PR]
by mittamittahoney | 2010-05-26 17:51 | 好きな音楽

エコバッグ

a0151085_1031965.jpg

ベルギー帰りのお友達から、可愛らしいエコバッグをいただきました。
ベルギーのはちみつ屋さんには、このようなお店オリジナルのエコバッグがあるのだそうです。

可愛らしいので使うのがちょっと勿体ない感じですが、しまい込んだままでも何ですし、
近くのスーパーにお買い物に行く時などに利用したいと思います。
    
[PR]
by mittamittahoney | 2010-05-25 10:29 | みつばち

みつばち百花がアドボカシー部門賞受賞!

東京都港区の事業者によって環境保全活動の目的で設立された「みなと環境にやさしい事業者会議」では、毎年環境ビジネスコンテストというものを実施しているそうなのですが、先日このコンテストでNPOみつばち百花が賞を受賞しました。

今年のコンテストは、10月に名古屋で開催されるCOP10に合わせ、「生物多様性の保全」がテーマだったのですが、みつばちと共に持続可能な環境作りをしていこう!というみつばち百花の取り組みが、見事アドボカシー部門賞に輝きました。
a0151085_14354335.jpg

みつばちを始め、地球上に存在する様々な生物たちと人間が共存共栄できる環境作りという壮大な目的を達成するのは不可能なのでは?と思ってしまうかもしれませんが、まずは小さなことから、出来ることから始めていけば、それがいずれはおおきなうねりとなって、不可能なことも可能になると信じています。

その第一歩は、とても簡単。それは、みつばちたちのために、蜜源・花粉源となるお花を育てることです。お庭がある方は、ぜひお花を植えて下さい。みつばち百花のウェブサイトにはみつばちたちが大好きなお花の情報が掲載されています。参考になさって下さい。
     
[PR]
by mittamittahoney | 2010-05-24 09:01 | みつばち

初夏の朝ごはん

Tomato on Toast。
初夏にトマトが出始めると、我が家の朝食に頻繁に登場する朝ごはんです。
a0151085_13103253.jpg

今では年がら年中手に入れることができるトマト(トマトに限りませんが)。
種類によっては春が旬のものもあるようですが、トマトはやっぱり夏の野菜。ジリジリと照りつける太陽の下、すくすくと育った真っ赤なトマトは、冷蔵庫で冷たく冷やして塩をふっただけでごちそうです。生はもちろんのこと、炒めて良し、煮て良し。色々な調理法で楽しめるのが、この野菜の魅力でもあります。

子供の頃近くの農家の方に借りた土地に家族で小さな家庭菜園を作り、野菜を育てたことがありますが、自分たちで作ったトマトは青臭さがあって適度な酸味もあり、本当に美味しかったです。今は何故か「甘み」ばかりが強調され、日本人は果物だけでなく野菜も糖度が高いものしか食べなくなってしまったようですが、あの爽やかな酸味が取り除かれてしまったトマトは、私には少し物足りません。

Tomato on Toastを初めて食べたのはオーストラリア。日本に帰国する前に一時お世話になったロズさんが、ある朝の朝食に出して下さったものです。トーストの上に、彼女がお庭で育てた真っ赤に熟れたトマトをスライスしてたっぷりのせ、岩塩と黒胡椒をガリガリ挽いて、テーブルに着いた私の前に「さあ、どうぞ」と置いて下さいました。朝食は、いつものように満面の笑顔つき。(彼女は笑顔が本当に素晴らしい。もう直ぐ70歳になられると思うのですが(当時は62歳くらい)、彼女に勝る笑顔を私はこれまで見たことがありません。)

このトマト・オン・トースト、その美味しさといったら、もう「夏の朝ごはんは、これに限る!」というくらい。毎日食べても飽きないくらいの美味しさで、この食べ方を知ってからというもの、毎年トマトが旬を迎えると早速このシンプルな食べ方でいただきます。

素材の良さを楽しめるこの素晴らしい朝ごはんは、ランチにもおすすめです。


トマト・オン・トーストのレシピ

【材 料】(1人分)

・ トマト(中) 1個
・ パン 1枚(普通の食パンでOK。またホールミールブレッドやイングリッシュマフィンなどでも美味しいです。)
・ バター 適量
・ 岩塩(塩なら何でもよいですが、食卓塩ではなく旨味のある美味しい塩を。)
・ 黒胡椒

【作り方】

・ パンをトーストし、バターを塗ります。
・ トマトを横にスライスし、トーストに載せます。
・ 塩と胡椒をガリガリ挽いて、出来上がり。

お好みで、スライスしたモッツアレラとフレッシュバジルを載せても。オリーブオイルをサッと回しかけても美味しいですが、よく熟れたとびっきり美味しいトマトが手に入ったら、シンプルにトマトと塩・胡椒だけで食べるのが一番です。
      
[PR]
by mittamittahoney | 2010-05-23 13:06 | はちみつ & 美味しいもの

日傘の相合傘

a0151085_22252019.jpg

今日も暑い一日でした。
日差しが強く、爽やかな五月というよりはもう真夏。

お昼少し前に銀行に出かけたら、年配のご夫婦が日傘の相合傘で歩いているのを見かけました。
お二人とも手をつないで仲が良さそうで、何とも微笑ましかったです。

日傘と言うと利用するのは女性だけですが、最近は少し様子が変わってきているようです。
↓↓↓
男性も日傘?

紫外線が肌に良くないのは女性も男性も同じですから、男性ももっと積極的に日傘を使うべきと思います。炎天下じりじりと肌を焼かれると、肌へのダメージもさることながら、熱中症なども心配です。営業などで一日外を歩き回っている人たちは、恥ずかしがらずに日傘を使った方が疲れも少なく絶対によいと思うのですが…。
         
[PR]
by mittamittahoney | 2010-05-21 22:40 | その他

メルボルンのカフェ

私が以前住んでいたメルボルンは、カフェがとても多い町。
町の中だけではなく郊外にも、いたるところにカフェがあります。

メルボルンっ子たちのお気に入りのコーヒーは、ヨーロピアンスタイル。
フレンチローストやイタリアンローストの豆で淹れたものが好まれます。
イタリア系の移民が沢山いるので、イタリア人が昔からやっているカフェなどもあって、ママン手作りのパスタなどが食べられるお店もあります。
a0151085_9583088.jpg

シティのバークストリートにあるペリグリーニは、そんなイタリアンのカフェ。私のお気に入りです。
常連さんが多く、無言でカウンター席に着くと目の前にいつものコーヒーがすっと出る。
バリスタたちは無愛想で一見怖い印象ながら、時々ニヤリと笑みを浮かべ、コーヒーやお菓子などを出してくれます。

お菓子は、ケーキやクッキーなどがありますが、注文すると「Cream?」と一言。
「Yes, please.」というと、巨大なバケツのようなプラスチック容器に入った、ホイップされた生クリームをどっかと添えて出してくれます。

一人で気軽に入れて、イタリアンスタイルのコーヒーが味わえる。
スターバックスやタリーズなどではとても出せないこの雰囲気。
東京や横浜などの大都市には、既にこういうカフェがあるのかもしれませんが、地方都市となると・・・。

こんなカフェが、うちの近所にも出来ないかな。
      
[PR]
by mittamittahoney | 2010-05-21 09:58 | オーストラリア

今日ははちみつ講座

今日は名古屋栄中日文化センターで、はちみつ講座でした。

今期2回目の講座でしたから、少し個性的なはちみつもテイスティングしていただきました。
個性の強いはちみつは、「そのままではちょっと食べにくい」とおっしゃっていた皆さんも、ちょっとした工夫で食べ易くなることを知って満足そうでした。

いつも、皆さんが試食していらっしゃるところを写真に収めようと思うのですが、ついつい話に熱が入りすぎて写真を撮るのを忘れてしまいます。ということで、皆さんが帰られて後片付けが終わった教室の写真を一枚…。
a0151085_23523056.jpg
             イツモシャシンヲトリワスレル。。。
              
[PR]
by mittamittahoney | 2010-05-20 23:53 | はちみつ & 美味しいもの

幼稚園ではちみつ講座

6月7日に、名古屋市内の幼稚園で園児のお母様方を対象にはちみつ講座を開くのですが、昨晩担当の方から連絡をいただき、なんと44名の方が参加して下さることになりました。
a0151085_8185764.jpg

お子さんを持つ母親の立場から、やはりヘルシーなはちみつに対する関心が高いのでしょうね。

知っておくと得をするはちみつについての知識、レシピなどもご紹介しながら、楽しいひとときを過ごしていただけるよう、頑張りたいと思います!
              
[PR]
by mittamittahoney | 2010-05-20 08:19 | はちみつ & 美味しいもの


Mitta Mitta
オーストラリア産はちみつ
専門店ミタミタ

はちみつ料理研究家・はちみつ講座講師が運営する、無農薬のユーカリはちみつとマヌカハニーのお店です♪
検索
最新の記事
はちみつ料理教室。次回は6月..
at 2017-04-25 09:52
サクサクで、ほっ
at 2017-04-18 16:05
春野菜を満喫
at 2017-04-14 18:04
4月22日のお料理教室
at 2017-04-13 17:27
特別講座「はちみつでランチタ..
at 2017-04-08 15:53
カテゴリ
以前の記事
記事ランキング
タグ
ブログジャンル
その他のジャンル
画像一覧