オーストラリア産はちみつ専門店ミタミタ


オーストラリア産はちみつ専門店ミタミタの店長・はちみつ料理研究家のブログです。
by mittamittahoney
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

<   2010年 09月 ( 9 )   > この月の画像一覧

ブログは暫くお休みします

暫くの間、このブログはお休みします。
また時期がきたら、再開したいと思います。
これまでブログを読んで下さっていた皆様、ごめんなさい。
そして、ありがとうございました。
[PR]
by mittamittahoney | 2010-09-27 22:04 | その他

一日講座@多治見市学習館

a0151085_28588.jpg

昨日は、岐阜県多治見市にはちみつの一日講座に行って来ました。30代から80代と幅広い年齢層の方々が参加して下さり、また皆さん大変熱心にお話を聞いて下さいました。「とっても楽しい講座でした」「面白かったです」「いただいたレシピを早速試してみます」など、嬉しいコメントもいただき、今日も皆さんに喜んでもらえてよかったと思ったのでした。

平日にも拘わらず沢山の方が参加して下さいました。
多治見の皆様、ありがとうございました!
   
[PR]
by mittamittahoney | 2010-09-25 02:10 | はちみつ & 美味しいもの

山ごはん: アルファ米で作る簡単カレーピラフ

a0151085_2042429.jpg

先週末は、前穂高IV峰正面壁北条・新村ルートから北尾根への継続登攀に行って来ました。(報告は後日。)このルートはハングもあってアブミを使って登るピッチもありますし、各自3リットルの水も担ぎ上げなければならなかったために、極力荷物を軽量化する必要がありました。でも、1日目は上高地から奥又白をつめ、そのまま正面壁を登って稜線に出るという長い行程でしたから、食事はあまり質素なものでは少し寂しいと思い、軽量化を考えつつ出来るだけ美味しいものをと、夕食はカレーピラフにしました。以下に材料と作り方を書きます。

【材 料】(2人分)

アルファ米1袋(2食分のもの)
コンソメ 1個
カレー粉 小さじ2強くらい
サラミ 100~150g程度
ピーマン 1個
にんにく 1かけ
エリンギ 1本
マヨネーズ 1袋(1回分の使いきりサイズに個別包装されたもの(大さじ1杯分くらい?)1つです)

【作り方】

(1) お湯を500cc程度沸かしておきます。サラミ、ピーマン(ヘタだけ取り除き、種は使います。担ぎ上げたものを無駄にはしません)、エリンギは大き目のみじん切り、にんにくは普通のみじん切りにします。
(2) コッヘルにマヨネーズを入れたらにんにくを加え、焦げ易いので弱火で香りが出るまで炒めます。
(3) サラミ、ピーマン、エリンギを加えて、同じく弱火で炒めます。
(4) ピーマンとエリンギに火が通ったら、コンソメとカレー粉を入れ、沸かしておいたお湯を200cc程度加え沸騰させます。
(5) アルファ米の封を開け、乾燥剤を取り除き(4)のスープだけを加えます。袋の中の線まで水分が満たない時には、さらにお湯を加えます。その後で具を全て入れて輪ゴムで袋を閉じ、20~30分程度置いておけば出来上がりです。

これからの季節は気温も低くなるため、ご飯を蒸らしている間はフリースなどで覆ってご飯が冷めないようにすると良いでしょう。これにインスタントのお味噌汁かスープがあれば、2人分としては十分。最後にコーヒーか紅茶で締めて、お腹いっぱい。幸せになります。
     
[PR]
by mittamittahoney | 2010-09-23 20:04

はちみつ講座「はちみつソープづくり」無事終了

a0151085_2044226.jpg

9月17日(金)は、NHK文化センター豊橋教室で一日講座でした。
テーマは、「今話題のはちみつできれいに!」。
ミタミタのユーカリはちみつマヌカはちみつを使って、受講生の皆様にはちみつ色の美しい石鹸づくりをお楽しみいただきました。

はちみつと石鹸液を混ぜるのについつい夢中になり過ぎて、はちみつが固まり始めて苦労されている方もいらっしゃいましたが、それでも皆さん何とか石鹸づくりを時間内に終了。石鹸作りの後は、使っていただいたはちみつがどんな味がするのか、テイスティングもお楽しみいただきました。そして最後に、緑茶をお飲みいただきながら、はちみつきな粉飴でティータイム。

今年の夏は特に暑かったため、お肌は想像以上のダメージを受けている可能性が高いですが、はちみつソープで優しくお手入れすれば、秋~冬にかけての乾燥肌のトラブルも軽減されることでしょう。

ご参加下さった皆様、ありがとうございました。
     
[PR]
by mittamittahoney | 2010-09-20 20:44 | はちみつ & 美味しいもの

漸く秋がやって来た

a0151085_20473042.jpg

暑い暑いと言っていましたが、ここ一週間ほどは朝晩涼しくなって随分過ごし易くなりました。
2週間ほど前までは、まだモコモコと大きな入道雲があったのに、今日の夕方ふと空を見上げたら、もう秋の雲になっていました。

明日も名古屋は最高気温32℃と暑いですが、それでも一時ほどの厳しさはありません。
秋本番まで、もう少しの我慢です。
楽しみ楽しみ。
          
[PR]
by mittamittahoney | 2010-09-16 20:49 | その他

お手軽行動食

山に行く時には、行動中に食べる食べ物「行動食」を持参します。
私の場合、冬は専ら菓子パンとチョコレート、夏は夏みかんやレモン味のグミ、明治のHiC(ビタミンCが入ったトローチのような飴)、そしてやっぱり菓子パンを良く持って行きます。これらの食べ物は普段の生活では全くと言ってよいほど食べないものばかりなのですが、山ではやはり、軽くてハイカロリー、且つ食べ易くて保存が効くものと様々な条件を満たさなければならないために、どうしてもこういうものになってしまいます。

スーパーで菓子パンを購入する際には、何となく袋の裏側に記載されているカロリーをチェックするのですが、中にはデニッシュタイプのパンで1個で800kcal以上ものスゴイパンもあり、思わず棚に戻してしまうこともしばしば。ハイカロリーのものが良いとは言いながらも、それなりにお腹も膨れなければ「食べた」という気がせず満足しません。ですから、軽くてふわふわなのに800kcalもあっては、他のものが食べられなくなってしまい、何となく「食べたりない」状態になってしまいます。

ということで最近良く購入するパンは、あんパンとこれまで何故かずっと買ったことがなかったジャムパン。特に、夏の間は暑くてあまり食欲が出ないために、酸味のある苺ジャムが入ったパンは食べ易くてお気に入りです。またジャムに水分があるために、喉も通り易く、パサパサのパンなどよりも食べ易いです。あんパンは、単に私があん好きなのと(特に白あん。でも何故かこれがいつも売り切れている)、ホイップクリームなどをサンドしたパンよりもカロリー低めで、尚且つ、あん=小豆又は白いんげん豆=体に良い、というイメージがあって、よく購入します。

ところが先週末の御在所ではスーパーにパンを買いに行く時間がなく、仕方がないので家にあったパンを軽くトーストしてバターとはちみつをたっぷり塗ったものを持っていきました。因みに、使ったはちみつはユーカリはちみつグレー・ボックスです。コクがあって、私も、そしてこのはちみつを作ってくれる養蜂家のエドモンズさんもお気に入りのはちみつです。

トーストにバターとはちみつを塗るのは特に珍しくはありませんが、山にこういうものを持っていかれる方は少ないと思います。でもはちみつには殺菌・防腐効果があるし、バターやトーストしたパンもそんなに簡単には傷みませんから、山に持って行く食べ物としては結構良いのではないかと思います。それなりに軽いですしね。ただ、一点気をつけることといえば、パンをトーストしすぎると冷めた時にパサパサになってしまって、ある程度の量の飲み物がないとのみ込みにくいこと。夏は冬と違って、山によっては飲み水も全て担ぎ上げなければならない所もありますから、できれば水無しでも飲み込めるような食べ物が理想です。というわけで、パンは、ほんのり狐色になり始めてまだ白い部分が残っているような状態でトースターから取り出し、パンに水分をある程度残すようにすることが重要です。あとはパンが冷める前バターとはちみつを塗ってラップで包んでしまい、水分を蒸発させないようにすること。こうすると、噛み応えのあるはちみつバタートーストが出来上がります。トーストとは本来カリッとしたものなのに、噛み応えのあるしっとりしたトーストというと、邪道だ!と言う方もいらっしゃるかも知れませんが、噛むほどにパンの小麦の味と、バターとはちみつのコク・甘さが口の中に広がり、私はとても気に入りました。

パン好き、はちみつ好きの方はお試しあれ。はちみつとバターはたっぷり塗って下さいね。
   
[PR]
by mittamittahoney | 2010-09-13 20:07

メリッサちゃん、ありがとう

a0151085_1719767.jpg

今年の4月14日にNHKあさイチではちみつ特集があり、ミタミタのはちみつが映っていたということは、以前このブログに書きました。妹のお友達のお母様が偶然番組を観ていて、「あーっ、ミタミタのはちみつだわっ!」とすぐに妹に連絡して下さったので、このことを知りました。残念ながら私は番組を観損ねてしまい、周りに番組を録画した人もいなかったので諦めていたのですが、お友達のメリッサちゃんが偶然この番組を録画していて、先日DVDを送ってくれました。

早速観て見ると、元ミス日本ではちみつマイスターの資格もお持ちの蜂蜜好き、友野なおさんという方の蜂蜜コレクションが紹介されていて、その中にミタミタはちみつが7つも映っていました。

毎回商品を発送するときは、「お客様に喜んでもらうんですよ」と話しかけながら梱包していますが、実際にお客様に使っていただいているのを見る機会はありません。ですから、こんなふうにテレビで観ることができて、「あ、お客様に気に入っていただいて、ちゃんと食べていただいているんだな」ということが分かり、とても嬉しく思いました。

メリッサちゃん、このDVDを観て元気が出ました。
素敵なプレゼントを、ありがとう!
    
[PR]
by mittamittahoney | 2010-09-13 17:19 | はちみつ & 美味しいもの

はちみつ石鹸作り

a0151085_177646.jpg

9月17日に予定している一日講座「~今話題のはちみつできれいに!~ 蜂蜜ソープづくり」は、お蔭様で満席となりました。申し込んで下さった皆様、どうぞお楽しみに!
      
[PR]
by mittamittahoney | 2010-09-12 17:08 | はちみつ & 美味しいもの

山ごはん:暑い時期、肉類などはどうする?

a0151085_9175120.jpg

山岳会の山行では食当になることが多い私。
折角皆さんの食事を用意するのならば喜んでもらえるものを、とあれこれ工夫しています。
冬は気温も低いので食材が腐敗するような心配はありませんし温まる鍋が殆どですから、比較的メニューを考えるのも楽なのですが、食べ物が傷み易い晩春~秋にかけては結構頭を使います。特に肉類を使ったお料理となると、肉が傷んで食中毒を起こしたりしては大変です。でも、工夫次第で色々な肉類を持っていくことができます。

真空パックのベーコンは重宝します。冷凍庫で予め凍らせておいたものを、同じく冷凍庫で凍らせたペットボトルの水と一緒に100円ショップなどで販売している銀色の保温袋に入れて持参すれば、例えば金曜の夜出発して翌日の夕食に食べるまで冷たいままです。(低山や真夏となると、流石にこうは行かないかもしれませんが。)ペットボトルの水は、融けたらそのまま飲料水として使えますから、保冷材などを持参するよりも便利です。

魚肉ソーセージなら、常温でOKですから、これなら季節を問わず使えます。私はそのまま生で食べるのはあまり好きではないのですが、カレー粉で炒めたりすると結構イケます。

鶏肉やひき肉などは特に傷み易いので、こちらもしっかり冷凍して持参しますが、冷凍させる時に平らにするのではなく、出来るだけ分厚くまとめるのがコツです。そうすると解凍のスピードを遅らせることができます。試してみて下さい。
     
[PR]
by mittamittahoney | 2010-09-03 09:18


Mitta Mitta
オーストラリア産はちみつ
専門店ミタミタ

はちみつ料理研究家・はちみつ講座講師が運営する、無農薬のユーカリはちみつとマヌカハニーのお店です♪
検索
最新の記事
はちみつ料理教室。次回は6月..
at 2017-04-25 09:52
サクサクで、ほっ
at 2017-04-18 16:05
春野菜を満喫
at 2017-04-14 18:04
4月22日のお料理教室
at 2017-04-13 17:27
特別講座「はちみつでランチタ..
at 2017-04-08 15:53
カテゴリ
以前の記事
記事ランキング
タグ
ブログジャンル
その他のジャンル
画像一覧