オーストラリア産はちみつ専門店ミタミタ


オーストラリア産はちみつ専門店ミタミタの店長・はちみつ料理研究家のブログです。
by mittamittahoney
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

タグ:みつばち ( 19 ) タグの人気記事

猛暑のオーストラリア

毎年テニスの全豪オープンが開かれる1月は、オーストラリアが一年で一番暑い時です。
オーストラリアの南に位置するヴィクトリア州やNSW州でも時に40℃を超えることがあって、
いくら日本のような湿度はないと言ってもさすがにこの暑さは厳しすぎます。
テニスコートでボールを追う選手たちは、過酷な条件でのプレーを余儀なくされ
観ていて本当に気の毒になります。

こんなふうに、ただでさえ暑さが厳しい月なのに、今年は例年以上の酷暑のようで、
ミタミタの契約養蜂家ジョンさんの話では、先日NSW州のグレートディバインディング山脈近くで
47.5℃(!)を記録したのだそうです。

この猛暑でみつばちたちはすっかり弱ってしまい、今年のはちみつ生産量はかなり落ち込むことが
予想されています。ヴィクトリア州では今週から暑さがひと段落するようですが、弱ってしまった
蜂群のダメージは大きく、養蜂家たちは皆不安を抱えています。

1月ももうあと少し。2月になれば少しは暑さも和らぐとは思いますが、まだまだ酷暑は続きます。
みつばちにとっても養蜂家にとっても本当に厳しい季節ですが、なんとか乗り切ってくれることを
祈るしかありません。

   


   
   
[PR]
by mittamittahoney | 2013-01-29 08:40 | オーストラリア

「みつばち百花ニューズレター vol.2」をプレゼント

NPO法人みつばち百花のニューズレターvol.2が発行されました。
a0151085_23413943.jpg

Vol.2には、長野県富士見町で活動する富士見高校養蜂部OB会の「はにぃビーかれっじ」の皆さんへのインタビュー、みつばちの蜜源・花粉源となる植物を紹介する「みつばちのための花暦」、はちみつのお話、そしてみつばち百花のBee Happy Strawberryキャンペーンの記事などが掲載され、とっても盛りだくさん!はちみつを使ったレシピもご紹介していますよ。

中身をちょこっとだけお見せします ↓
a0151085_23421466.jpg

みつばちやはちみつの情報満載の「みつばち百花ニューズレター vol.2」を、はちみつ講座を受講して下さる方(※1)と、ミタミタのはちみつを購入して下さった方(※2)に、プレゼントします。プレゼントの開始は本日から。ただ、ニューズレターには数に限りがありますから、無くなり次第プレゼント終了とさせていただきます。

はちみつ講座を受講したりはちみつを購入なさらなくても、140円切手を同封の上ミタミタまで郵送して下されば、ニューズレターをお送りします。(ご郵送先

※1 講座を受講して下さる方には、講座にご参加いただいた時にお渡しします。
※2 はちみつを購入して下さった方には、はちみつと一緒に同封・お送りします。
[PR]
by mittamittahoney | 2012-02-21 23:40 | みつばち

伊丹市昆虫館

a0151085_23515159.jpg

少し前の話になりますが、今月の初めに関西の叔母の所に遊びに行った時、ふら~っと散歩がてら行った公園の中にあった伊丹市昆虫館で「みつばち展」をやっていました。実は昆虫は苦手ですが、みつばちだけは勿論例外。2階の1室に蜂の展示があって、なかなか面白かったです。圧巻は1階に置かれていたみつばちの巨大な模型。実によくできていました。

昆虫館なんて初めて入りましたが、子供を対象をしていますから説明もわかりやすく、昆虫のお面や羽が付いたリュックなどもあって、身につければ昆虫気分が味わえます。(笑) 久々に童心に帰った感じで、ちょっと楽しかったです。
[PR]
by mittamittahoney | 2012-02-19 23:50 | みつばち

みつばち百花イベント『ミツバチさん、ありがとう!』

a0151085_1103955.jpg

12月4日(日)に、国立の桜ホールでみつばち百花のイベント『ミツバチさん、ありがとう!』が開かれます。

クリスマスのケーキを飾るかわいらしい苺。この苺の生産には、みつばちが大きくかかわっていることをご存知ですか?みつばちが受粉してくれることによって形の良い苺ができるのですが、受粉シーズンが終わると、みつばちたちはそのまま使い捨てになることも多いのです。

イベントでは、そんなミツバチの事情をしっていただくために、「ミツバチからの贈り物、かわいいイチゴの裏事情」というタイトルでセミナーを行います。また蜜蝋を使ったキャンドルづくり、はちみつのテイスティングもあり、盛りだくさんの内容となっています。

詳細・お申し込みはみつばち百花まで!
皆様のご参加を、お待ちしております!

     
[PR]
by mittamittahoney | 2011-11-24 01:00 | みつばち

山頂でプチお誕生会

a0151085_2325552.jpg

この間伊吹山に行った時、一緒に登ったメリッサちゃんが、山頂でサプライズのプチお誕生会をしてくれました。メリッサちゃんお手製の蜂ロウで作ったかわいいお花のキャンドルに火をともし、ゆずこしょう入りバームクーヘンでお誕生日。

日本ではお誕生日というと子供の時にしかお祝いをしませんが、オーストラリアでは大人になっても誕生日はとっても大切な日。いくつになってもお誕生日のパーティーをしたり、プレゼントを渡したりします。日本もそんなふうになるといいのになぁ、と最近つくづく思います。

そんなわけで、メリッサちゃんのお誕生会はとっても嬉しかったです。
メリッサちゃん、ありがと。
    
[PR]
by mittamittahoney | 2010-08-30 23:26 | みつばち

南半球は冬

先日オーストラリアの友人ドナちゃんからメールが来ました。
つい最近までずっとロンドンで仕事をしていたのですが、先日帰国したとのこと。

イギリスは、今年は過去20年で一番寒い冬だったそうですが、帰国したらメルボルンも結構寒いらしい。衣類は船便で送ったのでまだ届かず、冬が大の苦手の彼女は「毎日寒くて仕方がない」とこぼしていました。
a0151085_021060.jpg
            以前住んでいた町、ポート・メルボルン。冬なので空がどんより。
            毎朝出勤前に海岸沿いをよく散歩しました。

日本は梅雨の真っ最中ですが、今日などはお天気も良く、オフィスは窓を開ければ風が通ってそれなりに涼しかったです。梅雨は不快ですし冬の寒いのも嫌ですが、暑い時は暑く、寒い時は寒く、がやっぱり自然ですよね。

美味しい野菜や果物のためにも、“普通”のお天気がいいです。
みつばちたちのためにもね。
      
[PR]
by mittamittahoney | 2010-06-22 00:28 | オーストラリア

エドモンド・ヒラリー卿

今から57年も前、1953年5月29日に世界最高峰エベレストの初登頂に成功したのは、ニュージーランド人のエドモンド・ヒラリー卿。彼は登山家・冒険家という顔を持つ一方で、実は養蜂家でもありました。
a0151085_946255.jpg
              写真の養蜂家はエドモンド・ヒラリーではありません!

養蜂業というのはなかなかの重労働で、今ではフォークリフトを使って巣箱を移動させたりする場合もありますが、小規模経営の養蜂家や、フォークリフトを運び込めないような場所では、ずっしりと重い巣箱を一つ一つ手で抱えて移動させます。一体どれくらいの重さがあるのか試してみたら、重すぎて私にはとても持ち上げられませんでした。エベレストを制覇したエドモンド・ヒラリー卿は、重労働の養蜂を通じて足腰を鍛えたと言われています。ただ、若い頃から雪山の面白さに魅了され、暇を見つけては故郷の山々に登っていたということも、体力づくりに貢献したことは言うまでもありません。

養蜂家だったということで、本当かどうかわかりませんが、エベレストに行く時には行動食としてはちみつを持って行ったとか行かないとかいう話をどこかで読んだことがあります。確か、ニュージーランド産のはちみつを輸入販売しているお店のウェブサイトだったような・・・。(笑) だから信憑性は「?」です。

その当時のキャラバンのサイズがどれくらいだったのかは分かりませんが、はちみつは昔から薬として使われたりしていましたし、エネルギー源、保存食としての価値は当時から知られていましたから、あながち嘘でもないかも知れませんね。どなたか情報をお持ちでしたら、是非教えていただきたいです。しかし、本当にはちみつを持っていっていたとしたら、ちょっとこじつけですが、陰ながらみつばちたちがエベレスト登頂に貢献したことになりますね。

さて、エドモンド・ヒラリー卿は、その後慈善団体「ヒマラヤ基金」を創設し、基金を通じてエベレストの麓にあるナムチェバザール地区に学校や病院などを作るなど、地域に貢献しました。またネパールの福祉・環境保全活動を行いながら、晩年は故郷のニュージーランドで再び養蜂業を営みました。そして、さすがみつばちを愛する養蜂家!2008年に88歳でその生涯を閉じたのでした。(勿論偶然ですが…。)

エドモンド・ヒラリーは、ニュージーランドでは当然のことながら国民的英雄で、存命中よりニュージーランドの銀行券5ドル紙幣の肖像に採用されました。
      
[PR]
by mittamittahoney | 2010-05-27 09:50 | はちみつ & 美味しいもの

エコバッグ

a0151085_1031965.jpg

ベルギー帰りのお友達から、可愛らしいエコバッグをいただきました。
ベルギーのはちみつ屋さんには、このようなお店オリジナルのエコバッグがあるのだそうです。

可愛らしいので使うのがちょっと勿体ない感じですが、しまい込んだままでも何ですし、
近くのスーパーにお買い物に行く時などに利用したいと思います。
    
[PR]
by mittamittahoney | 2010-05-25 10:29 | みつばち

みつばち百花がアドボカシー部門賞受賞!

東京都港区の事業者によって環境保全活動の目的で設立された「みなと環境にやさしい事業者会議」では、毎年環境ビジネスコンテストというものを実施しているそうなのですが、先日このコンテストでNPOみつばち百花が賞を受賞しました。

今年のコンテストは、10月に名古屋で開催されるCOP10に合わせ、「生物多様性の保全」がテーマだったのですが、みつばちと共に持続可能な環境作りをしていこう!というみつばち百花の取り組みが、見事アドボカシー部門賞に輝きました。
a0151085_14354335.jpg

みつばちを始め、地球上に存在する様々な生物たちと人間が共存共栄できる環境作りという壮大な目的を達成するのは不可能なのでは?と思ってしまうかもしれませんが、まずは小さなことから、出来ることから始めていけば、それがいずれはおおきなうねりとなって、不可能なことも可能になると信じています。

その第一歩は、とても簡単。それは、みつばちたちのために、蜜源・花粉源となるお花を育てることです。お庭がある方は、ぜひお花を植えて下さい。みつばち百花のウェブサイトにはみつばちたちが大好きなお花の情報が掲載されています。参考になさって下さい。
     
[PR]
by mittamittahoney | 2010-05-24 09:01 | みつばち

初夏のお散歩

今朝ぱっと目が覚めたら5時半。
最近朝起きるのが辛い毎日が続いていたので、こんなにすっきりと目が覚めるのは久しぶり。
外を見ると快晴です。早速着替えて日焼け止めクリームをたっぷりと塗り、カメラを持ってお散歩に行ってきました。
a0151085_17403324.jpg

河川敷には可愛らしいお花が咲き乱れ、ひばりたちのチチチという鳴き声も聞こえてきます。
お花畑に腰を下ろして、30分ほどみつばちがいないかと待ってみましたが、残念ながら1匹も現れず・・・。

都会でみつばちを見つけるのはなかなか難しいです。
    
[PR]
by mittamittahoney | 2010-05-08 17:42 | みつばち


Mitta Mitta
オーストラリア産はちみつ
専門店ミタミタ

はちみつ料理研究家・はちみつ講座講師が運営する、無農薬のユーカリはちみつとマヌカハニーのお店です♪
検索
最新の記事
カテゴリ
以前の記事
記事ランキング
タグ
ブログジャンル
その他のジャンル
画像一覧