オーストラリア産はちみつ専門店ミタミタ


オーストラリア産はちみつ専門店ミタミタの店長・はちみつ料理研究家のブログです。
by mittamittahoney
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

タグ:レシピ ( 38 ) タグの人気記事

生姜はちみつ

一昨日家族が風邪気味だと鼻声で言っていたので、ちょっと心配していましたが、どうやら私も風邪を貰ってしまった様子。今朝起きたら調子がいまひとつで何となく体がだるい。食欲も全くありません。(← こんなことめったにありません。)

風邪は引き始めが肝心ですから、早速生姜はちみつを作りました。
風邪薬のような即効性はありませんが、私はいつも大体これで何とか症状を悪化させずに乗り切っています。ただ「引き始め」に飲むことが大切です。
生姜のスキッとした辛味とはちみつの香りがして、飲むと直ぐに体がポカポカと温かくなります。
a0151085_8572349.jpg

【作り方】

2~3mmに切った生姜を5枚ほど鍋に入れ、カップ2杯程度の水を入れます。
火にかけて沸騰したら弱めの中火にし、そのまま量が半分くらいになるまで煮詰めます。
カップに注ぎ、お好みのはちみつを小さじ2杯ほど入れれば出来上がりです。

生姜はちみつに使うはちみつは、どちらかというと「和」「アジア」のテイストのものが合います。
私は今回ペパーミントを使いました。ハーブとお茶のような風味が生姜と良く合って、美味しかったです。
   
   
[PR]
by mittamittahoney | 2010-02-05 09:03 | はちみつ & 美味しいもの

炒り大豆と玄米の炊き込みご飯

来月3日は節分なので、ミタミタのウェブサイトに炒った大豆とはちみつを使った炊き込みご飯のレシピを載せました。
a0151085_863965.jpg

節分と言うと、ここ数年はコンビニなどによって全国的になった「恵方巻き」を食べる方が多いようですが、なんだか商業的な戦略にのせられたみたいで、私はなんとなく気に入りません。巻き寿司は好きですし、それを食べること自体ははよいのですが、家族全員が恵方に向かってあの太いお寿司を一本無言で丸かじりする、というのが自分としてはどうも受け入れ難いからです。

巻き寿司の美味しさは、味だけではなく切り分けた時の見た目の美しさにもあると思います。それを丸かじりしてしまったのでは、一応中身は見えるけれどきちんと切っていないので美しくないし、やはりそういう食べ方をしたのでは、あんまり美味しく感じません。それに、食事は家族で楽しく会話しながらとるべきであって、黙々とただひたすら食べるというのは、その光景を想像すると何だか寂しくなってしまいます。

ハンバーガーをナイフとフォークでちまちまひと口サイズに切って食べるとおいしくありませんが、巻き寿司は逆に、やはり切って食べることによって美味しく食べられるんだと思っています。どんなに美味しいお料理を作っても、盛り付けや食べ方がそれに相応しいものでなければ、お料理が台無しになるような気がします。

ということで、昨年はミタミタのウェブサイトに、はちみつを使った恵方巻きのレシピを載せましたが、ちゃんときれいに切って盛り付けています。
やっぱりお料理は目でも楽しむものですから…。
     
[PR]
by mittamittahoney | 2010-01-20 08:12 | はちみつ & 美味しいもの

青唐辛子ドリンク

昨年の秋に明星山にクライミングに行った時、帰りに寄った大町の温泉で買った立派な青唐辛子。
真空パックにして冷凍しておいたものを、フードプロセッサーでペーストにして塩漬けにしました。

昨晩も寒かったので、この青唐辛子ペーストをティースプーン1/6杯程度耐熱ガラスのコップに入れ、上から熱湯を注いでアツアツをふーふー言いながら飲みました。
a0151085_955079.jpg


唐辛子の風味と爽やかな辛さ、そして塩味がイケル。
青唐辛子のグリーンが鮮やかです。
体が芯から温まりました。

体が温まる飲み物と言えば、今週の金曜日(1月22日)ははちみつ講座@NHK文化センターです。
はちみつで作る体ポカポカ飲み物」と題して、はちみつを使った美味しい飲み物を紹介します。
昨年大好評だったこの講座、今年も皆さんに「美味しい!」「あったまる~」と喜んでいただけるように、頑張ります。
    
[PR]
by mittamittahoney | 2010-01-19 08:01 | はちみつ & 美味しいもの

バナナ・パンケーキ

今朝はのんびり8時に起きて、朝ごはん。
メニューは、週末家にいる時によく作る「バナナ・パンケーキ」です。
a0151085_10473015.jpg

よく熟して風味が増したバナナとはちみつ入りのパンケーキは、結構お気に入り。レーズンやドライ・フィグなどを入れても美味しく、山に行く時、行動食としてもよく持っていきます。
甘さはかなり控えめですから、山に持って行く時には横に切り目を入れ、結晶化したはちみつをたっぷり塗ったものを持参します。

結晶化したはちみつは「品質が悪いもの」「食べにくい」と思っている方がいらっしゃるようですが、そんなことはありませんよ。品質的には液状のものと栄養価も全く変わらず、これはこれでなかなか乙なものなんです。結晶化することによってとても扱い易くなり、ナイフなどで塗ることができるので、クリームチーズやバナナなどと一緒にサンドイッチにしても美味しいです。また、液体の状態の時のように、あっという間にお皿に全て流れ落ちてしまうということがありません。

はちみつの種類によっては、たとえばレンゲのはちみつのようにガチガチになってしまって、湯煎しなければとても食べられたものではないという場合もありますが、噛むとやわらかく、スプーンでゆっくり混ぜてクリーム状にして楽しめるものも沢山あります。ですから、結晶化したら直ぐに湯煎したりせずに、是非そのままの状態で召し上がってみて下さい。なかなかイケます。

さて、今夜から甲斐駒戸台川周辺にアイスクライミングに行く予定。
今朝はちょっと多めにパンケーキを焼いたので、山にも少し持って行こ。
   
[PR]
by mittamittahoney | 2010-01-16 10:48 | はちみつ & 美味しいもの

かぼちゃのニョッキ、ソテード・オニオンのせ

年末年始は忘年会や新年会などで栄養が偏りがち。特に野菜不足が気になりますね。
というわけで、ビタミンと繊維質たっぷりのかぼちゃを使った、ベジタリアンのニョッキはいかが?
a0151085_20283492.jpg

ソテーした玉葱を載せ、黒胡椒をガリガリ挽いてマヌカはちみつをかけたニョッキは、意外な美味しさです。レシピはこちらからどうぞ。
    
[PR]
by mittamittahoney | 2010-01-07 20:31 | はちみつ & 美味しいもの

洋風なます

そろそろおせち料理の材料の買出しなどで、忙しくなってきますね。

a0151085_103156.jpg

ミタミタのウェブサイトに、大根の代わりに蕪を使った美味しいなますのレシピを掲載しています。ユーカリはちみつアイアン・バーク入りのドレッシングでサッパリとした仕上がり。サラダ感覚で野菜がもりもり食べられますよ。
        
[PR]
by mittamittahoney | 2009-12-29 01:07 | はちみつ & 美味しいもの

セロリのシチュー

セロリのシチューStewed Celeryは、セロリを煮込んだ素朴な料理です。

今日お散歩がてら近くのスーパーに行ったら、立派なセロリが一株138円(安い!)で売られていたので、思わず買ってしまいました。かなりの量だけれど、さてどうやって調理しようかなと色々考えて、シンプルにシチューにすることにしました。

a0151085_1854216.jpg


「シチュー」というと、ビーフシチューやクリームシチューなど、結構こってりしたものを想像されるかもしれませんが、「stew」とは「コトコト煮込む」という意味ですから、このセロリのシチューのようにあっさりとした煮込みもシチューなんですね。今回は時間短縮とガス代節約のために(エコです!)、活力鍋という圧力鍋を使って作りました。

【材 料】

セロリ 一株(8本くらい)
玉葱 1/2個
にんにく 2片
コンソメスープの素 2個
塩・胡椒 少々
水 500cc

【作り方】

(1) 鍋にザクザクと切ったセロリ(4cmくらいの長さ)の茎と葉を入れ、その上にスライスした玉葱とにんにくを載せます。セロリは柔らかく煮込みますから、薄皮や筋を取ったりしなくてOKです。
(2) 水とコンソメスープの素を入れます。
(3) 活力鍋の圧力を「low」にして、圧力がかかったら2分。圧力が取れたら、塩・胡椒をして味を整えて出来上がりです。普通の鍋を使う場合は、沸騰したら蓋をして火を弱め、25~30分程度コトコトと煮て下さい。

お好みで最後にえのきを入れてさっと煮ると、柔らかいセロリとシャキシャキとしたえのきの食感のコントラストが楽しめます。

セロリはサラダやディップにつけたりと生食することが多いと思いますが、あの独特の素晴らしい香りは肉料理に使うと臭み消しにもなりますし、お料理自体がグッと美味しくなります。またお肉などを使わず、今回のようにシンプルに煮込んだものも美味。出来上がったアツアツのところに粉チーズやとろけるチーズをかけて、チーズが溶け出したところをフーフー言いながら食べると、体がポカポカ温まります。私が大好きなセロリの食べ方です。  

はちみつ屋のブログですが、はちみつは使ってません・・・。        
[PR]
by mittamittahoney | 2009-12-20 19:18 | はちみつ & 美味しいもの

かぼちゃのスコーン

もうすぐ冬至ですね。
冬至というと、「かぼちゃ」。
実は私、大のかぼちゃ好き。かぼちゃの他にも、さつまいも、里芋、長いも、じゃがいも等の芋類、そしてひよこ豆やレンズ豆、白花豆、黒豆、うずら豆等々、豆類も大好き。
でも困ったことに、どれも炭水化物ばかり…。

ところが、そんな私に朗報が。
先日の新聞に載ってたんですが、普段の食生活で炭水化物が不足するとイライラしたり怒りっぽくなり易い、ということが最近の研究で分かったらしいです。イモ類や豆類の他、お米や小麦粉、そば粉、ライ麦粉などの粉物も大好きな私にとっては嬉しいニュース。でも食べ過ぎはいけませんけどね。
何事もほどほどに…。

a0151085_15322260.jpg

話が脱線しました。今日はかぼちゃのスコーンをご紹介するんでした。

私のはちみつのお店「ミタミタ」のウェブサイトでは、月に1~2回はちみつを使ったオリジナルレシピを紹介しているのですが、もうすぐ冬至なので、今日かぼちゃとはちみつを使った「かぼちゃのスコーン」を作ってみました。かぼちゃ好きや炭水化物好きにはたまらないおススメのレシピですから、週末の朝にでも試してみて下さい。スコーンは20分くらいで焼けますから、オーブンに入れて焼いている間にはちみつ入りチーズクリームを作って、丁度コーヒーを入れ終わった頃に、タイミング良くアツアツのスコーンが焼き上がるといった具合。かぼちゃの黄色が目にも鮮やか。ブランチにおすすめですよ。

ところで、このかぼちゃのスコーンのレシピと一緒に紹介している「はちみつ入りチーズクリーム」を作る際のアドバイスをひとつ…。

レシピには「クリームチーズと生クリームを別々に泡立てる」とありますが、くれぐれも「別々になんて面倒!一緒に泡立てちゃえ!」とばかり、いきなり一つのボウルの中でハンドミキサーにかけたりしないように!固形のクリームチーズが液体状の生クリームの上でつるつる滑り、その後ハンドミキサーによって徐々に小さい塊になっていく時に生クリームが四方八方に飛び散って、それはもう大変なことになります!面倒くさがりの私が既に経験済みです。(汗)

でも、この点だけ気をつければ、あとはチーズクリームもスコーンも、作るのはとっても簡単060.gif
是非作ってみて下さいね。
                 
[PR]
by mittamittahoney | 2009-12-15 15:59 | はちみつ & 美味しいもの


Mitta Mitta
オーストラリア産はちみつ
専門店ミタミタ

はちみつ料理研究家・はちみつ講座講師が運営する、無農薬のユーカリはちみつとマヌカハニーのお店です♪
検索
最新の記事
カテゴリ
以前の記事
記事ランキング
タグ
ブログジャンル
その他のジャンル
画像一覧